【アマゾナス州政府による夜間外出禁止令の延長(15日間の延長)】新型コロナウイルスに関する注意喚起

2021/4/30
◎ 4月30日(金)、アマゾナス州政府は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、州内全域における夜間外出禁止令(夜0時~翌6時)の15日間(5月3日(月)から15日間)の延長を発表しました。
 これまでの夜間外出禁止令からの主な変更点は以下のとおりです。
 
○ショッピングセンター:月曜から土曜は9時から22時まで、日曜は11時から18時まで営業可能。
 
○レストラン等の飲食店:日曜は7時から18時まで営業可能(月曜から土曜は6時から23時までにて変更なし)。
 
○教育機関:私立の高等教育機関(注:大学など)のうち上位2学年のコースと実習については感染対策を施した上で再開可能。また、自動車教習所における実習も再開可能。
 
○スポーツ・ジム及びスポーツ:スポーツ・ジムは、月曜から土曜の6時から22時まで利用可能。ただし、グループレッスンはオープン・スペースのみでの実施。
 
○入場料を徴収しないイベント:23時まで可能(収容率50%まで。最大100名まで。舞台での踊りは禁止)。ただし、イベント実施には市衛生当局の許可が必要。
 
○サーカス:十分な換気と必要な感染対策を行った上で営業可能(収容率50%まで)。
 
○遊園地:市衛生当局の許可を得た上で、屋外にて営業可能(収容率50%まで)。
 
○対面での勤務:ワクチンを2回接種し、規定の期間を経過した全ての者は、対面で勤務可能。
 
◎詳細は以下をご確認ください。
http://www.amazonas.am.gov.br/2021/04/comite-de-enfrentamento-a-covid-19-altera-horario-de-servicos-em-novo-decreto/
 
※上記以外の措置ついては、以下の措置内容が引き続き有効。
○4月16日発表:https://www.manaus.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00282.html 
○3月31日発表:https://www.manaus.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00268.html