治安情報:パルキデス地区にて発生した車上荒らしについて

在留邦人の皆様へ
在マナウス日本国総領事館
 
治安情報:パルキデス地区にて発生した車上荒らしについて
 
1 発生日時
 複数あるため日時は不明 時間帯は午前10時から午後1時、又は夜間
 
2 事件発生場所
 マナウス市パルキデス(Parque-Dez)地区
 
3 事件概要
 車上荒らし常習犯(男性・36歳)は、数年にわたりパルキデス地区にて、犯行を繰り返していたが、5月2日に防犯カメラの映像が決め手となり逮捕された。
 犯人は、車のガラスを割ったり、「Chapolim」と呼ばれる、車のドアをロック・解除するリモコン無線を妨害する装置を使用し(車の使用者がドアをロックするのを妨害)、犯行を繰り返していた模様です。
 
4 総領事館からのお願い
(1)ドアロック後はロックされたかを手動で確認する。
(2)車内に荷物を置かない(やむを得ない場合はトランクなど外から見えない場所に隠す)。