治安情報:アドリアノポリス地区にて発生した殺人未遂及び銃撃事件について

在留邦人の皆様へ
 
在マナウス日本国総領事館
 
アドリアノポリス地区にて発生した強盗未遂事件及び銃撃戦について
 
1 発生日時
 11月25日(日)19時頃
 
2 事件発生場所
 アドリアノポリス地区マリオ・イピランガ通りに所在する救急病院(Hospital Pronto Socorro 28 de Agosto)
 
【参考:事件発生現場周辺地図 ※google map】
https://www.google.co.jp/maps/place/28+%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9B%E7%97%85%E9%99%A2/@-3.0993291,-60.0207529,14.37z/data=!4m5!3m4!1s0x926c1ab28fe3c01b:0x10601d7b6a5debdc!8m2!3d-3.1018358!4d-60.0141612
 
3 事件概要(報道によれば以下のとおりです。)
 拳銃を所持した3名の犯人グループは,同日夕方頃に上記病院へ搬送され治療中であった患者への殺人を企図し院内へ侵入。同患者を発見するや否や襲撃し,逃げ回る同患者に対し計20発におよぶ銃撃を加えた。その後,犯人グループは通報によって駆け付けた軍警察に逮捕された。幸いにも本事件による怪我人等の被害はなかった。逮捕された犯人グループへの取り調べにより原因は,対立する犯罪組織間の抗争であった事が明らかとなった。
 
4 総領事館からのお願い(銃撃戦に巻き込まれた場合)
(1)まずは「逃げる」。冷静さを保ち,安全な場所に退避する。
(2)もし「逃げる」ことができなかった場合,次に「隠れる」。犯人と自身の経路上に障害物を置き,伏せて身の安全を確保する。かつ安全を確保しながら退避するチャンスを伺う。