治安情報:セントロ地区にて発生した強盗殺人事件について

在留邦人の皆様へ
 
在マナウス日本国総領事館
領 事 部
 
治安情報:セントロ地区にて発生した強盗殺人事件について(2017年第21号)
 
1 発生日時
 3月8日(水)午後6時15分頃
 
2 事件発生場所
マナウス市セントロ地区アフォンソ・ペナ通りに所在する大学(Ufam)
 
【参考:事件発生現場周辺地図 ※google map】
https://www.google.co.jp/maps/place/Faculdade+de+Medicina+-+Ufam/@-3.1155985,-60.0191876,17z/data=!4m8!1m2!2m1!1smanaus+ufam+centro!3m4!1s0x926c055b88bd31b1:0x91320c64cc914449!8m2!3d-3.1163281!4d-60.018249
 
3 事件概要
  上記に所在する大学の敷地入口付近にて強盗殺人事件が発生しました。2人組
の強盗は同大学において警戒を行っている雇用警備員より拳銃を強奪。その際,警備員が抵抗したため,奪った拳銃を用いて発砲しました。同警備員は2発の銃弾を受け死亡し,犯人組は逃走しました。
 
4 総領事館からのお願い
 被害に遭わないための対策が必要です。
(1)外出の際はなるべくシンプルでラフな服装を心掛ける。
(2)周囲に目を配るなど常に警戒心を示す。
(3)荷物は最小限に留め,貴重品は分散して所持する。
(4)携帯電話で話しながら歩かない。
 
また,万が一被害に逢われた場合は,絶対に抵抗をしない。
 
以 上