治安情報:サンタ・エテルヴィーナ地区で発生した通勤バス強盗事件について

平成29年1月24日
在留邦人の皆様へ
在マナウス日本国総領事館
領 事 部
治安情報「サンタ・エテルヴィーナ地区で発生した通勤バス強盗事件について」
 
1 事件の概要  
  1月20日(金)の午前5時20分頃,マナウス市サンタ・エテルヴィーナ地区ブリチ通り(Av Buriti , Santa Etelvina)にて,当地日本企業の通勤バスに対する強盗事件が発生しました。拳銃及び刃物を所持した強盗4人組は,同通勤バスに従業員が乗車するところを狙い車内へ侵入。運転手及び従業員4名から携帯電話,靴及びバックなどの私物を奪い,その後通勤バスを1kmほど運転させた後に逃走しました。 幸いにも乗車していた5名の被害者に,怪我などの身体に及ぶ被害はありませんでした。

2 総領事館からのお願い
 (1)万が一,被害に遭われた場合は,生命の安全を第一に考え行動して下さい ・慌てず冷静に対処する。 ・相手の顔を直視しない。(抵抗と勘違いされないよう,ゆっくり動く) ・反撃すると誤解されないように,相手に無断でポケットや鞄などに手を 入れない。(両手を挙げた体制からポケットに指を指す工夫など) ・絶対に抵抗をしない。
 (2)犯人は特定の経路を通行する車の下見を行う為,不定期に通勤経路や乗 車時刻の変更をすることが望ましい。
以 上