【アマゾナス州政府による24時間の外出禁止令の延長】新型コロナウイルスに関する注意喚起

2021/1/29
◎ 1月29日、アマゾナス州政府は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、同州内全域において実施している、24時間の外出禁止令(同州政令第43,303号)を7日間(2月7日まで)延長すると発表しました。
 1月23日に発令された政令第43,303号からの変更点は以下のとおりです。
 
○ 生鮮食品を扱う青空市場、公共市場は、朝4時から15時まで営業可能。
 
○ 電気製品、配水関係、タイヤ、重量車両(バス、トラック、救急車)の部品のデリバリー販売は、朝8時から夕方17時まで営業可能。
 
○ 工業部門は月曜から金曜まで、朝6時から夜19時まで間で12時間稼働可能
 □ 上記時間には従業員の通勤に必要な時間も含む
 □ 工場が食料、飲料、医療物資等の必要不可欠な物資を生産している場合はこの限りではない。
 
○ ガソリンスタンドは、朝6時から夜18時まで営業可能
 
◎ 違反者に対し、警告、事業者に対して罰金5万レアル(一日あたり)、営業停止、施設閉鎖の罰則
 
<24時間の外出禁止令>
https://www.manaus.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00188.html