草の根文化無償資金協力「ロライマ日伯協会多目的施設建設計画」署名式

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2016年11月16日,在マナウス日本国総領事館とロライマ日伯協会との間で,草の根文化無償資金協力案件「ロライマ日伯協会多目的施設建設計画」の贈与契約署名式が実施されました。署名式には,岩戸孝広総領事代理およびエリザベッチ・ミチエ・フクダ/ロライマ日伯協会会長が出席しました。
 
被供与団体: ロライマ日伯協会(ANIR)
署名日:2016年11月16日
供与限度額:83,224米ドル
 
計画内容:草の根文化無償資金協力は,日本政府が行う政府開発援助(ODA)の一部として拠出されています。本件草の根文化無償では,ロライマ州ボア・ビスタ市初の日本語教室を含む多目的文化施設(面積188.75m2:教室2,オープンスペース1,事務室兼小台所1,トイレ3)を建設し,現在同地私立大学教室を間借りして運営している日本語教室を移転し恒常化すること及びANIRが諸制約なく文化活動ができる独自の施設を得ることで,同地における日本語・日本文化への理解促進を図ることが期待されています。