治安情報:パルキ・デズ地区にて発生した強盗及び銃撃事件について

在マナウス日本国総領事館
領 事 部
 

治安情報:パルキ・デズ地区にて発生した強盗及び銃撃事件について

 
1 発生日時
 10月10日(水)19時頃
 
2 事件発生場所
マナウス市パルキ・デズ地区ダルシー・バルガス通りに所在するアマゾナス州立大学(UEA)前のバス亭
【参考:事件発生現場周辺地図 ※google map】
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%8A%E3%82%B9%E5%A4%A7%E5%AD%A6/@-3.0935291,-60.029267,14.37z/data=!4m8!1m2!2m1!1sUEA+Av.Darcy+Vargas!3m4!1s0x0:0x31ae0952561fce8a!8m2!3d-3.0916924!4d-60.0164853
 
3 事件概要(報道によれば以下のとおりです。)
上記バス亭にて,バスを待っていた被害者(学生)は,3台のバイクに乗って突然現れた強盗グループ(拳銃所持)から金品を渡すよう要求され,犯人の要求に従い鞄を渡したものの,その後,逃走際の犯人から銃撃を受け,右腕を受傷しました(生命に関わる身体的被害はなし)。
 
4 総領事館からのお願い
当地ではバス利用客に対する強盗被害等が頻発しており,また,バス路線も複雑なため,危険地域へ迷い込む可能性等も考えられます。本事件に限らず,当地における路線バスの利用は様々な危険リスクが潜在しているため,バスの利用は極力控えて頂くようお願いします。
また,万が一事件に遭遇した場合は,絶対に対抗をせず,生命の安全を第一に考え行動して下さい